転職してもいいんです

あなたの経験・スキルを当社でどのように活かせるかと思いますか

面接も話が進んでいくとあなたの能力に関する具体的な質問に移行していきます。経験・スキルの分野に話が進んでくればこちらの思惑通りでもあるのですが、ここで方向違いの事を言ってしまうと採用結果に重大な影響を与えることにもなりかねません。

企業側が期待するあなたの答弁とはどういうものなのでしょう。紹介して参りますね。

自身の経験・スキルを過大に判断しない事

面接が進んでくればおのずとあなたの能力面が聞かれることになります。履歴書や職務経歴書だけでは計り知れない部分を本人の口から直接聞く段階です。双方とも力が入ってくる場面です。

まずここでは自身の経験・スキルを冷静に俯瞰するように語りましょう。それも相手の聞きたい事を中心にして過大に自己評価をしないように、です。

相手が聞きたがっている部分を聞き分ける

面接官があなたの前職での経験分野や実際やった事でどのような成果が出て、それをこの会社でどのようにして使っていきたいか、について聞いているのであれば、あなたが過去に行った仕事の中からその部分をピックアップして簡略に説明するようにしましょう。

同時にその説明がこの会社への強い志望動機になっていることも絡める必要があります。経験・スキルが志望動機とうまくリンクしていることを訴えるわけです。

ですので、決して過去の手柄話や自身の優秀性を誇示するような話っぷりにならないようコントロールしなければなりません。

どれだけ貢献できるかは入社してからの勉強と頑張り次第

いくらその会社に入社したいからといって、できもしない約束や自身の実力を誇大に大きく見せることは厳禁です。そんなことをやっても面接官はすぐに見抜いてしまいます。

いくら前職で輝かしい実績があったにせよ新しく入る会社では一からのスタートです。いきなりあなたが現場の最前線に出てバリバリやってくれるとは、会社側もすぐには思いません。なので、ここは順序を踏みましょう。

「御社の商品や仕事の流れを一刻も早く覚え、一日でも早く先輩上司に認めてもらえるようなスタート台に立ちたいと思っている所存です」と、このような心掛けを持っているというように思ってもらう事が肝要でしょう。

さいごに

いずれにしても経験やスキルについての質問が飛んで来たら面接もクライマックスです。慌てることなく、かといって言いたいことを言い切れずに後悔せぬよう、最後の踏ん張りを見せましょう。

関連記事