転職してもいいんです

なぜ経験のある前職を続けようと思わなかったのですか?

面接を受けている中には上記のタイトルのような質問をされることもあるでしょう。こちらとしては「ドキリ」とさせられる質問かも分かりません。前職の辞め方を問われそうな内容の質問だからです。こういった質問の時の対応を考えてみましょう。

決してうろたえない事

ハッキリ申し上げます。

いくら前職の仕事に経験があったとしても、「続けたくなかったから前の会社を辞めた」という事実は客観的に受け止めておく事が必要です。「前の会社の仕事に興味も情熱もなくなってしまったから」というのが辞めた理由としては正解です。

しかし、その内容をそのまま伝えてしまったら、「もしかしたら我が社でも同じような気持ちになりさっさと辞めてしまうんじゃないか?」といらぬ憶測を呼んでしまう事になるかも分かりません。

まずはこの質問を受けた時に慌てたりうろたえたりしない事です。どしっと構えましょう。

自分の目指していきたい方向性

本当は前職の仕事をやり続けられたのなら、それが一番よかったと思っているのは当の本人、その人でしょう。しかし、辞めざるを得ない何らかの事情が起こってしまったのです。この事実には抗いようもありません。

ですが、そのあたりの事情を几帳面に面接の場で伝える必要もないと思います(時と場合によっては事実をそのまま面接官に伝えた方がいい場合もあります。それは面接官とあなたとの信頼感によります)。

よって「自分が進みたいと思っている方向性に違いが生じてきたため」、という表現を使い、とりあえずの体裁を整える事がまず大事になります。もう少し掘り下げるならば、そこに給与の不満等を入れてもいいと思います。正直にありのままに自分の思いを伝えた方が面接官への心証が良くなるケースもあります。

前職の仕事の悪口だけは言わないように

注意してもらいたいのは、いくら前職に対していい思いがなかったとしても、面接官を相手に前職の悪口や愚痴を言ってはいけない、という事です。

多少、自分の心に偽りをついてもいいので「前の仕事のおかげで人間的に成長できました」など誉め言葉を添えるくらいの度量の大きさを見せてもいいと思います。とにかく「ポジティブ思考の人間である」という部分をアピールしましょう。悪口や愚痴は自分の事を「ネガティブ発想の人間です」と言っているのも同じことですので避けるのが賢明です。

さいごに

前職と全然違う業界を目指そうとすれば、必ず聞いてくるテーマが「前職の退職理由」です。あらかじめ回答を頭の中で整理しておき、「ポジティブに徹する」事を留意して対応をすれば、スムーズな面接になるだろうと思います。

関連記事