転職してもいいんです

自己紹介をしてください

面接においては様々な質問が面接官から聞かれます。しかし予め限られた時間内で行われる面接では、そう意表を突くような質問は少ないと思います。最低限の基本的な質疑応答を心得ていれば面接も怖くはないでしょう。

まずは自己紹介から見ていきましょう。

自己紹介例~初めて転職を行う場合

基本的には

・自分の名前

・「本日はよろしくお願いいたします」と付け加える。

という流れでしょう。相手にしっかりと聞こえる声量でハキハキとしっかり聞き取れる活舌で話しましょう。自分の名前を名乗る段階で相手に気持ち良い印象を与えることが、その面接をいい感じでスタートさせる為には重要なことです。上がらずに落ち着いて言いたいものです。

緊張感をほぐすには

初めて赴く転職での面接。上がったり緊張したりするな、と言ってもそれは無理なことです。緊張するのが当たり前です。

しかし、極度の緊張が続くようだと、面接官は「この人の緊張度は並じゃないな。これだから前の会社で通用しなかったのかな?これではお客様の前でもこんな感じになるのかも」とマイナスな印象を与えてしまい、面接が圧倒的に不利になってしまいます。

緊張感も最初の2~3分程度ならいいのですが、いつまでも緊張が続くと所定の時間を過ぎてしまってもまだ緊張している、という事にもなりかねません。どうやれば緊張感っていうのはほぐれるのでしょうか?

よく緊張するのなら面接官の顔をナスビやニンジンに変えてみればいい、という事も聞きますが相手が物凄く気難しそうで怖そうな顔の人だったら、その人の顔を見続ける事も出来ずに視線を背けがちになってしまうでしょう。これでは自分の持ち味も出せないままでしょう。

面接の時間は本番の予行演習の場

かといっていつまでも緊張していたのでは自己紹介どころでもないでしょう。ここは気持ちの持ちようでなんとか切り抜けましょう。あなたはその会社を代表して今後、商談などに赴かなければならないのです。それを相手の顔が怖そうだから、という理由で緊張していては、使命は果たせません。ある意味では面接はその予行演習ともとられることが出来ます。

面接は事前に流れをよくシミュレーションしておく事が成功への鍵となりますが、可能であれば転職ガイダンス等の面接会やセミナーに参加しますと面接の練習ができる機会もありますので、活用してみるのも手です。

さいごに

面接の自己紹介は意外にも短い時間で終わってしまいます。第一印象は大事です。緊張も上がることもあなたの持ち味です。それも自分のパフォーマンスだと思って気後れせず堂々と乗り切りましょう。

関連記事