転職してもいいんです

前に勤めていた会社について調査されることはあるのか?

転職を初めて行う方にとったら、いろいろな不安感に襲われる事があるでしょう。特に転職に対して妙な罪悪感を感じていらっしゃる方にとったら、何か自分が悪い事でも起こしたかのような気持ちになることもあるかも分かりません。

では、今の転職先の会社が以前勤めていた会社の事を調べたりする事ってあるのでしょうか?別に今回の転職に際して、虚偽の理由をついたわけでもないのでそんな心配は無用のはずなのに…。

ですが、「転職直後は小さな事も気になり心配になるもの」ですよね?そこで、「前の会社の事を調べられることがあるのかどうか」について、紹介していきたいと思います。

基本的には前の会社の事を調べることはあり得ない

前の会社の事について詮索するかのようにあなたの事を身辺調査するようなことは現状の法規制の元ではまず起こり得ないといえます。

個人情報保護法という法律が施行されている現状においては、いくら雇用主の企業であっても、無断であなたのプライバシーを調べるようなリスクを犯さないと考えて問題ありません。

逆に、そのような心配をされるという事は、何かあなたに負い目があるからでしょうか?

それは前の会社を退職して今の会社に転職を決めたことに対する負い目なのでしょうか?

と私は聞きたくなってしまいます。

もしそうなのだとしたら、それはとんだお門違いだと言えます。転職はあなたが自由に行う事ができる職業選択の自由の一つです。憲法において保証されている権利なのです。それを逆手にとって前の会社が何らかの妨害をしたのなら、話は別になります。

でもそんな事実はないはずです。ですので、そんな事を心配する必要など何もないのです。

円満退職の重要さを分かる事

ですが、会社を退職するときは「円満退職」することが重要なポイントである事は間違いない事実です。円満退職できていないと、最も心配しなければならなくなるのは自分自身です。今の会社も、あなたが前の会社に対して何か迷惑をかけるような辞め方をしているとは夢にも思っていないはずです。それが社会人としての最低限のルールとなるわけですからね。

円満退職さえきちんとできていたら、もう何の心配もいらないのです。

さいごに

始めて転職を経験した方にとったら、どんな些細な事でも心配の種になってしまうかも知れません。疑問点が出た場合は今の会社の上司に率直な気持ちを伝えて相談してみることです。一人で胸にしまっておいてもいい解決にはなりません。

筆者が知る限り前職調査の事実は存在しません。

今居る会社で全力で頑張って、周囲に一日でも早く認めてもらうのが不安解消の一番の近道です。

関連記事