転職してもいいんです

30歳を超えると転職は厳しい?

転職しようかと思っている人にとって、年齢の壁というのは大きな心配の種ではないでしょうか?実際、企業の求人を見てみると「30歳まで」とか「25歳未満まで」などの年齢に関する厳しい条件が付いているところが多くあります。

では、本当に30歳を過ぎてしまったら、転職は難しいのでしょうか?私がお世話した転職希望者の実例も踏まえながら紹介していきますね。

40歳代の時に10回の転職を経験!

その転職希望者(以後Aさんと称します)は、何と40歳代のうちに転職を10回もやってしまいました。単純計算、1年に1回の割合で転職した計算になります。

しかし、これでお分かりいただけるでしょう。転職に年齢制限など、ないということを。

狙う企業を絞り込みすぎると墓穴を掘る

40歳代でそれだけ転職できたのは、きっとAさんに何か特別なスキルがあったからか、はたまた転職の天才だったからか、と思われていらっしゃる方もいるのではないでしょうか?

いえいえ、そんな事はありません。確かに転職は10回成功していますが、その回数以上の不採用通知もAさんはもらっています。応募企業でみた成功確率は1%もなかったのではないでしょうか?

では、具体的にどのような方法をとったのか?それは志望企業を絞り込みすぎないことです。今までの業界に固執することなく、全く新しい未知の業界であっても求人があるところは片っ端から応募する。この繰り返しだったのです。

求人に記載されている年齢の読み方

さて、求人票には確かに年齢制限を設けている会社もあります。そうかといえば年齢不問という有難い文言のところもあります。しかし、Aさんも年齢不問のところを数多く応募しましたが、いい返事が却ってきた試しがありませんでした。そう、求人企業側では既に採用者の年齢を決めているのです。だから、そういった会社にいくら応募してもヒットした試しがありませんでした。

でも、諦める必要もありません。今、30歳の人ならば「25歳まで」と銘打たれている会社の求人に応募する資格は十分あります。

求人票の年齢は、プラス5歳くらいを目途にして扱えばいいのです。「30歳くらいまで」という求人なら35歳を過ぎた人でも十分、渡り合えます。だから、年齢表記でそれを鵜呑みにするのではなく、「プラス5歳分」を意識して応募すれば運がよければ面接にこぎつけられる可能性も出てくる、という事なのです。

さいごに

年齢表記はそのライン上にいる人にとったら、非常に残酷な仕打ちだと思います。しかし諦めたら終わりです。少しの可能性でもあり得るのなら、どんどん応募書類を送っていきましょう。

関連記事