転職してもいいんです

転職情報サイトの上手な活用の仕方とは?

リクナビネクスト、マイナビ、エン・ジャパンなど転職サイトはこれらの大手を中心に、細かいものまで含めたら膨大な数のものがあります。転職を考えた時「もっと良い求人があるのではないか」と思って転職サイトで求人案件探しにやっきになってしまう人もいるかもしれませんが、無闇矢鱈に求人を漁るのも、それはそれで時間の無駄になるものです。自分にあった転職情報サイトの活用の仕方を考えてみましょう。

第二新卒などは大手サイトで自分の価値を探ってみる

今ではどこの求人サイトでも、自分の経歴や履歴書を登録しておくと、企業側が自らが求める人材に声をかけてくる「スカウト機能」というものが付いています。スカウトが来ただけで即採用、というわけではありませんが、その企業に応募をしてみれば企業側と自分のスペックで一致するものがあるということであり、自分の需要を知るには大変役立ちます。

まだ経験やスキルがあまりない、第二損卒世代などの人の場合は、多くの企業が理解する大手サイトに登録し、スカウト機能を使って自分が企業側から見てどれくらいの勝ちがあるのかを知っていけば、応募をしても面接に進める可能性が高い企業の傾向がわかり、無駄を省くことができます。

30を過ぎたら経験を活かせるようなサイトで職探しをする

一方で、30歳前後になって転職を考える人は、いろいろな情報が掲載されている大手サイトを利用するよりも、より専門性の高い粥腫に特化したような転職情報サイトを利用することを検討しましょう。30歳をすぎるとそれまで働いてきた経験を重視されるキャリアを見られる転職になります。30歳にもなって未経験の職種に就こうとしても、なかなか就職できるものではありませんし、もし未経験の仕事に就けても給与面に関して恵まれたものになることはまず無いでしょう。

一からキャリアをスタートすることになるので、どうしても新卒と大差のない給料になってしまいます。それよりも自分のキャリアを着実にアップし、良い給料で働くためには、これまでの経験の延長線上にある仕事を探すべきです。その意味では転職も専門性の高いサイトで、経験を見てくれる起業に応募するようにしましょう。

年齢によって転職の際に見られるポイントは変わってきます。若ければ未経験のまっさらさ、キャリアがあれば即戦力としての働きが期待されるなど、他人から自分がどう見られるのか、ということをよく考えましょう。

関連記事