転職してもいいんです

当社を志望した理由は何ですか?

面接での最大の山場、「当社の志望理由」です。この質問は面接で聞かれない事はまずありません。それほど面接では定番中の質問であり必須事項と言っていいでしょう。

では、この質問に対する対応を見ていきましょう。

マニュアル的な答え方はNG!

学生の就活においては、よくこんな風に答えようみたいな感じでマニュアル集が載っている就活本やネット情報があります。あながち狙いは間違ってはいませんが、いくら何でもそのまま使ってしまえばありきたりな答えとなってしまいます。

出版物という性格上、同じ本を手にした学生は同様の回答をする可能性も高く、企業側の面接官も数多くの面接をこなしてきていますので、同様の回答をしている学生は選考対象から外される可能性は高いと言えます。

一次面接ともなりますと、大人数をふるいにかける方法としてオリジナリティーの高い印象に残る回答は次の選考候補に残して、同様のマニュアル的な回答は選考外とすることはよく行われています。

とにかく自分自身の言葉で!

その会社を志望した理由は一つには決められません。あなたにはあなたの観点から見たその会社の素晴らしいところがあったはずです。それを自分自身の言葉で熱く語るのです。

間違っても「貴社の将来性」だとか「業界でイニシアチブを取っているから」などの消極的な理由は使わないでくださいね。

でもその二つの例もあなたの言葉に変えたなら使えない事もありません。

例えば「貴社の将来性」であれば、

「今現在は業界内ではトップグループに差を付けられていますが、創業してから数年の勢いは世間の需要に受け入れられている証拠だと思っています。私も是非とも業界トップグループの仲間入りに自分の力を活かせたら、と思い志望致しました。」

「業界でイニシアチブ」ならば、

「現状のポジションに満足する気はありません。是非とも業界トップを目指し、誰も太刀打ちできないくらいの存在となってイニシアチブを握れるような会社にしたいと思い、応募致しました」などのように、自分自身がこの会社に入ってこういう事をやりたいんだ、という熱意をアピールできるか、という事に尽きてくるのです。

相手に伝わるように

志望理由に定型文は必要ありません。恰好を付ける必要もありません。とにかくあなたの気持ちがストレートに相手に伝わるような文言を考えましょう。勿論、付け焼刃ではいけません。その会社の特徴や商品などを熟知したうえで発言できるようにしてください。

関連記事