転職してもいいんです

短期間で転職を成功させるコツとは?

「転職活動をできたなら短期間で終わらせたい」という願いがある方もいらっしゃるでしょう。事の良し悪しは別として極力、短期間で転職活動を終了さる方法を考えてみましょう。

転職先を絞り込む

短期間で転職を決めてしまう一つ目の方法は「転職先を徹底的に絞り込んでおく」という作業です。

あそこも行きたい、ここも応募しておきたい、とあれこれ転職先を選択してしまうと、短期間で決着をつけることはまずできません。しかし、本当に行きたいと思う会社を1社だけに絞っていたら、履歴書を書く手間も1度だけで済みますし、面接を受ける機会も1度だけです。

その1社が無事に内定を出してくれたら万々歳です。これが現状で最も短期間に転職を決めるサイクルです。

よって早い段階から自分が行きたいと思う会社を具体的に描いておいて、いざという時にスピーディに応募できるようにイメージしておくことが重要になります。

「1社必中は難しいよ」と仰る方が多いかもしれませんが、多く受けたからと言ってすんなり転職先が決まる物ではありません。

「1社に絞ってみる」

多くの方が避ける方法ですが、意外と打率は高い方法です。

人からの紹介を優先する

「それでも1社必中は難しい」という方の為に、別の方法をご紹介しましょう。

それは、「知人や友人から転職先を紹介してもらう」方法です。この方法も短期間で転職を決められる有効な方法です。知り合いからの紹介であれば、その知人が先方の会社にある程度、転職希望者の人となりを説明してくれるからです。

この前もっての説明は転職がスムーズに運ぶためには非常に手間を省ける効率のいい方法なのです。俗にいう「コネ」的な要素を発揮していますからね。この方法を使えば思った以上に短期間で希望する会社への転職は可能となるでしょう。

但し、だからと言って何の準備もせずに面説に赴くのはいけません。せっかくの知人の恩を無駄にする行動になってしまいます。あなたがどうしてその会社に入りたいのか、入ったら何をやりたいのか。具体的に話せるようになっておくのはどこの会社の面接を受ける場合も同じです。

一度決まったら迷わない

短期間で転職を決める愛護の方法は「いったん決まったならもう迷わない」という事です。

人間、迷いは付き物です。あれだけ希望の会社への入社を希望していながら、面接の時に何か違和感を感じることもあるでしょう。「あれ?最初にイメージしていたのと違うぞ」という感じです。

ただ、どうしても短期間で決めたいのなら、この時の迷いは一切無視をして転職を決めてしまう方が良策です。

さいごに

如何だったでしょうか?転職を短期間で決めてしまえば、確かにその後の事を考えれば楽です。しかし、職業に就く、という事は一生の問題です。その部分をよく考えて転職活動を行ってください。

関連記事