転職してもいいんです

当社についてどのようなイメージをお持ちですか?

面接においてあまり聞かれることのないフレーズかもしれません。しかし、面接の場ではどのような展開が起こるか誰にも分かりません。せっかく良好なムードで進んでいたのに思わぬ一言がきっかけで場の雰囲気を壊してしまい、先方に悪い印象を与えてしまうかもしれません。

ここでは、その会社についてのイメージを上手く伝える方法を考えてみることにしましょう。

迂闊な返答はできない

「当社についてどのようなイメージをお持ちですか?」これほど漠然としていて抽象的な質問もありません。

こちらがその会社について事前にどれだけの情報を事前に調査し、どのぐらいの関心を寄せているのかを伺うかのような質問ともとれます。それだけに何も思いつかないままに迂闊な一言を言ってしまったら取り返しのつかない事態になる危険性もあるのです。

面接の前半で聞かれた場合

面接の前半でこの質問をされてくる場合は、あなたが試されている要素が多いと思うべきです。面接者は当社に対してどこまで調べてきているのか。ひいては面談や商談の場をどこまで真剣に考えて準備してきているのか。そのくらいのところまで探っているのかもしれません。よって事前準備は万全に行いたいところです。

もし準備が不足していて万全ではなかったら、当たり障りのない思いついた事を話すしか無くなるわけですが、ここであなたのいざという時の度胸が試されます。嘘八百を並べてみても相手には手に取るように分ってしまいます。ここは素直になって分かる範囲内で答え、それ以上の部分は率直に分かりません、勉強不足で申し訳ございません、という態度をとるべきでしょう。

面接官はそういった時のあなたの対応力も見ているのかもしれません。

面接の後半で聞かれた場合

面接の後半で聞いてくる場合は、お互いかなり気心が通じ合い場も和やかなムードに染まっていると想像できます。

面接官も意地悪なつもりで聞いているとも思えません。よってここはその場のムードを壊さない程度に率直なことを話すのも一つの手です。更に自身のアピールの場と取って積極的に答えていくのも手でしょう。

但し、調子に乗り過ぎて能弁にならない事です。面接官は常にあなたの人と成りを見比べています。

さいごに

面接の場では、あなたが事前に準備していた想定外の事を聞かれることはよくあります。よって、慌てず落ち着いた対応が求められます。慌てないようにするためには相手の懐に飛び込んでいくしかありません。相手が何を思いどうしてほしいと思っているのか、それさえ掴んでしまえばどんな面接でも怖くは無くなるはずです。

ただ会社の下調べをするだけではなく、その会社について自分がもし採用されどんな仕事が出来るのかをイメージしてみると、こういった質問は答えが思いつきやすいです。

関連記事