女性が天職に出会うための情報サイトです

女性のための天職.com

心配なこと 転職のやり方

女性は特に気をつけろ!転職を成功に導く円満退職のしかた

更新日:

怒りにまかせてやめちゃう??たまりにたまったストレスが爆発してしまうと、勢いにまかせて「やめます!」といってしまいそうですが、そこはちょっとまってください。やめる意志は自分で決めればいいですが、やめ方には上手なやめ方と下手なやめ方があるんです。

もーいやだ!俺は絶対にやめてやる!
カツ男
でた!いつもの「やめるやめる詐欺」!?(笑)
カツ代
いや、今回は超本気。来週にでもやめてやるよ。
カツ男
Mr.テン
ちょっと待った!やめる時にはやめるルールというのがあるんだよ。怒りにまかせてやめるのは、あまりいいやめ方とは言えないよ。
いいも悪いも、もうやめるんだからどうでもいいよ。
カツ男
Mr.テン
いや、あとあとのことを考えても、やめるときこそキッチリしてたほうがいいんだ。うまいやめ方を紹介するから、少し冷静になろうよ。

やめる

 

退職日を決める

まずは自分で退職日を決めましょう。約3ヶ月後ぐらいが一般的です。決めた退職日からの逆算で、いろいろなやることが明確になってきます。自分がいつ辞めたいのかを明確にし、退職日を決めましょう。

明日、あさってにでも「もう辞めてやる!」という人でも、常識的には3ヶ月後です。法律的には14日前にいうのが原則となっています。この14日というのは業種によっても異なります。

 

退職届を書く

退職日を決めたら、次は退職届けを書きましょう。

退職届に「●月●日付けで退職」という旨を書きますので、そこで退職日が必要になってきます。退職届のフォーマットはネットのあらゆるところに落ちています。どれでもいいので、使いましょう。手書きでもかまいませんよ。

 

まず直属の上司に言う

一番初めに言うのは自分の直属の上司です。

直属の上司を呼び出して、退職届を手に持ちながら退職する旨を伝えましょう。ここが一番緊張するポイントで、最大の難関です。緊張して震える人や、緊張しすぎてその日にいえない人など、色々な人がおられます。しかし、結局いわなければならないので、「緊張しすぎて無理」という人は、誰かに練習相手になってもらいましょう。

また、退職の意思を伝えた際に「こんなものは受け取れない!」という上司もいます。そんなときは、あきらめずに何回もトライしましょう。労働基準法的には引き止められようが、退職をすることができます。

 

上司の上司に言う

次は上司の上司に言いましょう。部門長のような人かもしれません。

直属の上司にいっているのですから、上司の上司にいう時はそんなに緊張しないはずです。また直属の上司がその上司にやめる旨を伝えてくれるていることもあります。この場合だとさらに気が楽ですね。

 

引き継ぎをおこなう

これが一番大切です。冒頭で書いた「3か月後の退職日を決める」というのも、この引き継ぎがあるからです。意外とあなたしかやっていなかった業務や、あなたしか知り得ていない業務のやり方など色々なことがあります。

 

仕事はチームでやるものです。ですが、引き継ぎ書を作り出したところで、あなたは意外と個々人の能力にかかっていたことを知ることでしょう。そして他の人があなたが何をやってるかというのをあまり知らないという事実も知ることになります。

簡易的なマニュアルのようなものを作ってあげるのが一番いいですが、これには事務スキルが伴います。

 

本当の退職理由は様々ですが、引き継ぎを受ける人との人間関係や、そのチームの人間関係などを考慮して引き継ぎ書を作る価値があるかどうかを考えてから取り掛かりましょう。

 

お世話になった人へのあいさつを忘れない

基本中の基本です。ですが、意外と最近はこれができていない人が多いです。お世話になった人というのは、助けてもらった人という意味ではなく、仕事上ある程度関係した人という意味です。

 

内部の人はもちろんのこと、外部の人もよくメールをしていた人や、電話応対をよくしていた人などは挨拶の対象です。

 

一番よくないのは、メールで挨拶を送ることです。対面か電話が基本です。辞める事になりましたと言うと、「残念だねー」とか、「次のところでがんばってください」というような返答が返ってくると思います。

これが意外と何年後かに、その人から別の仕事に誘われたり、どういう発展があるかはわかりません。しかし、本当にこういうのは縁というかなんというか不思議なものです。

 

未来の人間関係を作るという最後の仕事です。

 

当たり前のことを当たり前にやる

退職理由がどうであれ、最後は美しく有終の美をかざりましょう。最後がイマイチだと、あなたのことはみんなの中では悪い記憶で残ってしまいます。

別にそれでもいいならかまいませんが、せっかくあなたがいた会社です。将来的になにか繋がりがあったほうがいいに決まってます。

 

会社というところは、いろんな年代の人が在籍しています。20代や30代の人だけで成り立っている会社であれば、メールで挨拶というのもOKかもしれませんが、50代や60代の方にはそれは通用しません。

全世代に通用するやり方で美しくやめましょう。

-心配なこと, 転職のやり方
-

Copyright© 女性のための天職.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.