女性が天職に出会うための情報サイトです

女性のための天職.com

仕事の探し方

女性が転職で接客業を選ぶデメリット3選

更新日:

将来の夢は服屋さんとかお花屋さんの店員になりたい!

ひと昔前は、こんなふうに接客業は女性の中でダントツの人気職業でした。

あなたも小さいころはこんなふうに思っていたのではないでしょうか?

花屋さん

アパレルなら「カリスマ店員」と呼ばれる、芸能人レベルに影響力をもった従業員もたくさんいました。

 

ですが、今はそれほど人気のある職業ではなくなってしまいました。

Mr.テン
なんで不人気な職業になってしまったんだと思う??
う~ん、やっぱり「休みが少ない」っていうイメージがあるかな。
カツ代
体力仕事っていうイメージもある。仕事終わったら体がかなりしんどそう。
カツ男
Mr.テン
そうだね、二人の言ってることはそれほど間違ってないんだ。接客業は「給料が低い」「休みが少ない」「体力仕事」というような悪いイメージが先行してしまったから人気がなくなったんだ。

みんな楽で稼げる仕事を探してるからね。

そりゃそうですね(笑)
カツ代
Mr.テン
大事なのは、「あなた」にとって「楽」かどうかだよ。世間一般の仕事のイメージで転職するとロクなことにならないよ。接客が合ってるっていう人もこの世にはたくさんいるしね。
確かにその人に合ってる仕事なら、仕事でストレスを感じるようなことも少なそうだよね。
カツ男
Mr.テン
そのとおり!この記事では接客のデメリットを挙げてみたんだけど、意外にもそんなに何個もでてこなかったんだ。

むしろメリットのほうが多いぐらいだよ。メリットの記事もあわせて読むと理解が深まるよ。

 

足腰が特に疲れる

足腰が疲れるというのは「足腰を使っているから」ということになります。

お客さんと話す仕事ではありますが、基本的に立ち仕事になることが多いので足腰はむしろ鍛えられます。

 

事務職は座ったままが多いですが、接客業は立ち仕事です。

比べると接客業のほうが「大変そう」「しんどそう」というイメージがありますが、仕事をしていると自然に足腰が鍛えられます。

接客業は「人に見られる」仕事だというのもありますが、自然に鍛えられることによって「美脚」の人が多いように思います。

 

アパレルはお金が貯まりにくい

飲食業やスーパーであればお金が貯まりやすいのですが、アパレルやアクセサリーの接客はお金が貯まりにくいです。

というのもまず「制服」がないということが一番の理由になります。

服屋さんであれば、やはり最先端の服をしかも季節の流行に敏感に取り入れていかなくてはいけません。もちろん自社製品の割引制度はどこの店もやっていますが、それにしても服にお金が飛んでいきます。

 

制服があるような接客業であれば、見た目にさほどお金をかけなくてもいいので、でていくお金はそこまで多くありません。

接客業の中でもアパレル関連はここが最大のデメリットといえるでしょう。

 

土日祝は基本休めない

店舗が大型のショッピングモールや百貨店に入っていることが多いので、基本的に土日祝は休めません。これは接客業の宿命といえるでしょう。

しかし、平日のほうが旅行は安いしレジャーも混雑していません。

友人たちと休みが合わないというのは、マイナスかもしれません。

ですが一人旅や一人のほうがどこへいくのも気楽でいい、と感じるような人からすれば平日休みは非常に魅力的です。

 

人と話すのが苦にならない方にはオススメ

接客とはその名の通り、人と接する仕事です。

全然知らない人と話すのが、苦にならない人は接客業がオススメです。

 

休みのことを考えると「いやだ」という人も多いですが、モノは考えようです。

平日休みのほうがレジャーは混雑していませんし、利用料も安くなります。

旅行も平日にいくほうがめちゃくちゃ安くなりますよね。

 

結婚式のような土日に行われるようなイベントの時は、事前におうかがいをたてれば休むこともできます。

休みのことへの理解と人と話すのが苦にならない人なら、接客業での転職を考えることをオススメします。

-仕事の探し方
-,

Copyright© 女性のための天職.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.