女性が天職に出会うための情報サイトです

女性のための天職.com

仕事の探し方 資格

女性が手に職をつけて、一生食べていける9つの仕事

投稿日:

手に職つけるならやっぱり資格!資格さえあればこの先も食べていける!と言われていたのは何年前のことでしょうか。

もう資格を取得するだけでは食べられなくなっています。

もちろん有効な資格もあります。ですが資格よりも女性が「手に職」をつけて、この先もずっと食べていけるという業界に転職するほうがいいです。

手に職をつけたら本当にこの先ずーっと仕事の心配をしなくてもいいのかしら?
カツ代
Mr.テン
死ぬまで安泰っていうことは難しいけど、やっぱり安定はするよ。
資格よりも技術ってことだな!
カツ男
Mr.テン
そういうことだね。資格はあくまでもその仕事をするために最低限必要なもの。やっぱり手に技術があるのが一番強いよ。今日は資格も含めて「手に職」がつく業界を紹介していくよ。

 

医療系

医療系で、圧倒的に人気で食いっぱぐれがないのが看護師や薬剤師です。

ですが未経験無資格からの転職ということを考えると、看護師で2年から3年、薬剤師で6年も学校も通わなければいけないので現実的ではありません。また授業料もかなり高額です。

 

では医療系で転職を考えた場合にどういう職種があるのでしょう。次の3つはこの先もしばらく人材の需要が高い職種です。

重要

  • 登録販売者
  • 公認心理師
  • 精神保健福祉士

どの資格も今本当に需要が高いです。そしてすべて国家資格です。

とくに登録販売者は、昨今の薬剤師不足から最近できた資格です。街中にドラッグストアも増えていますから、今後どんどん必要とされる職種でしょう。

公認心理師は平成30年に初めて国家試験が実施されます。つまりこれからの資格です。

精神保健福祉士も、企業におけるメンタル患者の増加により、需要が急増している職種です。

ポイント

すべて国家資格でこれから伸びる。取得までそこまで大変ではない。

 

福祉系

介護施設ではたらく職業です。資格でいうと介護職員初任者研修や介護職員実務者研修からスタートします。その後はキャリアアップで介護福祉士やケアマネージャーの資格を取る方も多くいます。

福祉系は民間企業がやっているところもありますが、基本的には社会福祉法人という団体がやっていることがほとんどです。国の事業です。つまり公務員的な働き方ができます。

 

基本的には「弱者の支援」ということで3つに分けられます。

  • 老人福祉
  • 障害者福祉
  • 保育

国の事業になので、「倒産」ということがありません。非常に安定した職業といえます。ですが、とうぜん給料が高いわけではありません。民間企業とちがい、利益を追求していないからです。

その代わりというわけではないですが、職場はホワイトがほとんどです。スタッフの勤務状況を含め、さまざまなことを国に報告する義務があるため、無茶なはたらかせ方できないからです。

ポイント

利益を追求しない団体がやっていることが多いので、ゆるーくはたらけます。

 

ライター系

いわゆる物書きと言われる職業のことです。ブログを書く人なんかもライターと呼ばれます。主には雑誌の文章やメルマガの文章を書いて生計を立てています。商品紹介を書く人もライターです。

昔であれば紙と鉛筆、今であればパソコンがあれば生きていけるような職種。

独立してフリーでやっている方も多く、今後も需要はたくさんある仕事です。

ポイント

クリエイティブに文章を書く仕事。ある意味作家もライターです。

 

デザイン系

PhotoshopやIllustratorと言ったようなソフトを使用して、さまざまなデザインを創る仕事です。代表的なもので言えば企業のロゴを作成したり、イラストを書いたりというような仕事です。カタログ通販のカタログの作成をしたり、修正をしたりするのもデザイン系の仕事です。本のデザインやパンフレットやチラシを作るというのもデザイン系の仕事になります。服のデザインもそうですね。

また、建築デザインもデザイン系の仕事です。

男女の比を比べると、デザイナーは女性の方が多いような気がします、感性が豊かなんでしょう。

ポイント

まさにクリエイティブの元祖!美大をでていないくてもできますよ。

 

エンジニア系

ウェブ系のエンジニアやソフトウェアプログラミングというような「コードが書ける人」のことです。

今現在最も収入の高い職業の1つであり、今後もしばらくはエンジニア不足が続くと言われています。絶対的に高収入で安定したければエンジニアに転職することを考えるべきでしょう。

最近では30歳でも40歳でも未経験で挑戦できるエンジニア系の仕事も増えています、あなたがその気さえあれば短期間で学べる学校もたくさんありますので、プログラミングを自分とは関係のないものと思わず、挑戦してみてもいいでしょう。

ポイント

稼げる、安定、自由なはたらき方(自宅でのリモートワークなど)ができると三拍子揃っている。

 

ガテン系

ガテン系というのは、現場の作業をする人のことを指します。

ただ、女性の場合はどちらかというと手先が器用なことを活かしたほうがいいです。一般的な工事現場の力仕事ではなく、繊細な業務をおこなう人が重宝されています。

例えば電気工事士や設備系の職種、またドライバー系などはもともと女性が少ないのでとても重宝されます。とくに電気工事士は、ビルの電気設備の点検や新設などを手がける職種で国家資格でもありますので、食いっぱぐれることがありません。

それに加えて力仕事というわけでもないので、どちらかというと女性向きの職種だと言われています。

ポイント

特に電気工事士はオススメ。国家資格で今後も仕事がなくならない。

 

美容系

女性には永遠の人気職種です。

転職で美容師になるのは大変ですが、美容系の仕事であればいろいろあります。

例えばエステティシャンやネイルアーティストなども美容系の仕事のうちです。とくにネイルは短期間で学べて、さらにその後独立する人も多いです。ご自身のキャリアを考えた場合に、ネイリストという仕事も選択肢の1つに入れてもいいでしょう。

公共職業訓練も充実しているので、オススメの職種です。

エステティシャンなんかは華やかな業界に見えて、実はかなり体力勝負です。高齢になってまでできる仕事とは言いがたいです。

ポイント

好きだからこそできる仕事。男性にはできない職種代表です。

 

伝統工芸

今日本の伝統工芸は後継者不足に悩まされています。職人さんの高齢化により跡継ぎがいないということで、せっかくの技術を持っているのにその技術を継承が出来ないというもったいない現状が日本各地にたくさんあります。

代表的なものは、陶芸をイメージするとわかりやすいと思います。それ以外にも国宝級の文化財の修復だとか、繊維関係着物の伝統工芸、和菓子の職人など後継者を探しておられる職人さんはいくらでもいます。

もし一生食べていけるだけの職を手につけたければ、伝統工芸の道へ進むというのも大いにありえるでしょう。

ポイント

今は女性にもかなりの門戸が開かれています。日本が誇る伝統工芸を継承してください。

 

資格職

転職活動をはじめると、かならず頭に思い浮かんでくるのが「資格を取った方がいい」という悪魔のささやきです。資格と単純にいっても、その資格が「直接的に給料に結びつく資格」もあれば「転職活動の面接のときにしか役に立たない資格」もあります。

面接のときにも役に立たなくて、趣味で取るような資格もたくさんあります。

資格はおおきく分けて、国家資格と民間資格の2つに分かれます。国家資格であれば収入は低いものもありますが、職に困ることはほとんどありません。しかし民間資格は食べていけるだけの資格をキチンと選ばなければ資格を取る時間と費用に対しての見返りは少ないでしょう。

ポイント

稼げる資格か、稼げない資格かを見極めることがなにより重要。

 

「手に職」は事前のリサーチが重要

ひと昔前の、「とりあえず資格を取りさえすれば何とかなる」という考えは非常に危険です。今は資格を取っても食べていけない人が山のようにあります。だから資格を取って転職と考えておられる方は1度立ち止まって、本当にその資格が食べていけるのかどうかを考えた方がいいです。

資格がないからといって技術がないということではありません。伝統工芸は資格がないですが技術の宝庫です。

 

自分に合ったキャリアを考え、必要であれば資格取得をしてもいいでしょう、まちがっても資格を取れば食べていける」と言うことは今の現代にはあり得ませんので、ご注意ください。

 

-仕事の探し方, 資格
-, , , , , , , ,

Copyright© 女性のための天職.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.